vラインやiラインに比べるとあまり人の目には触れない機会も多いoラインですが、最近ではこの部分をしっかりと脱毛する人も増えてきています。もちろんvioラインをすべてセットで脱毛する人もいれば、oラインを独自で処理する人も多いもの。その理由は恋人と愛し合うひと時にデリケートゾーンの隅々まで美しくケアしていたいという願いや、何かと排泄物や汗などで雑菌が増殖しやすい肛門周辺の清潔にケアしたいという思いも強いもの。

このムダ毛を払拭することで匂いやかゆみなどの抑制にもつながります。それではエステやサロン、クリニックなどではどのようなoライン脱毛の仕方があるのでしょうか。

まずはワックスなどで生地にムダ毛を付着させ一気に引き剥がすというもの。これは独特の瞬間的な痛みが伴います。そして定番とも言えるレーザーやフラッシュを用いた手法もまた、メラニン色素と反応するたびに輪ゴムで弾くような痛みが生じます。

またoラインは色素沈着が見られる場所でもあるので、その状態によっては出力を抑えたり、施術ができない場合もあるので注意が必要です。その他にもoライン脱毛の仕方としては特殊なジェルを毛穴から浸透させて毛根を直接衰えさせるものであったり、クリニックなどでは電流を流したニードルを毛穴から刺してムダ毛を永久脱毛していく手法も提供しています。

デリケートゾーンのために利用者それぞれの肌コンディションや予算の問題などが関係する場合もありますし、痛みの強弱によって耐えられない場合などもあるのでしっかりとカウンセリングや無料体験などを受けた上で臨むことが望ましいでしょう。