永久脱毛状態になるまでは、2年ほどかかることが多いようです。毛には毛周期があり、毛穴から生えている毛は、15%ほどであると言われています。現在主流となっているレーザー脱毛は、黒い色に当たると熱を生む光を利用しています。

生えている毛にレーザーを照射し、毛を発熱させて、その熱を毛根に伝え、焼き切るという方法をとっています。毛には成長期と退行期、休止期があり、体表に出ている毛は、成長期か退行期にあるわけですが、退行期の毛はすでに毛根から離れてしまっていて、熱を毛根に伝えることができません。

レーザー照射して毛根を処理できるのは、成長期にある毛穴だけということになります。毛周期は、人によっても部位によっても異なり、だいたい2カ月から5カ月ほどとされています。永久脱毛では、1カ月から2カ月おきにレーザー照射しますが、すべての毛穴を処理するには、2年ほどの期間を要することになります。

 毛周期には個人差がありますから、2年かからず、もっと短い期間で済む場合もあります。また、2年で済まない人もいます。

いずれにせよ、永久脱毛状態になるには、一朝一夕というわけにはいかず、長い取り組みとなります。しかし、永久脱毛せず、自己処理を続けていたら、一生、毎日のように処理する必要があり、しかも肌がボロボロになっていきます。自己処理に疲れ果て、医療レーザー脱毛を試みる人の中には、自己処理の頻度が減るだけでもいいと考えて始める人もいます。